人が霊界に旅立つ「時」

人はいつ死ぬか?
「神様のみぞ知る」ではあるが、四柱推命では、変通星の中でも比劫星(比肩、劫財、財財)のときが一番悪いとされている。

年老いて亡くなるのは自然の摂理であるが、急死したり変死する場合は、だいたい「凶星」が巡ってくることが多い。

自民党の町村氏が6月1日70歳の若さ(?)で、脳梗塞のため他界されたが、氏の運勢が悪かったことは言うまでもない。

命式を見てみよう。

【年】甲申・比肩・絶
【月】甲戌・比肩・養
【日】甲寅・  ・建禄

《大運》甲申・比肩・絶(※流派により異なります)
《年運》乙未・敗財・墓

比肩が大過しているので、自我が強い。良く言えば、信念を持ってまっすぐに自分の道を突き進むタイプである。また竹を割ったような性格で、曲がったことが大嫌いである。
言い出したら後には引かないので、「後には比肩」である。
基本的にがっしりした体躯の人が多く、そのため、ふだん無理をしていることに気づかず、いつの間にか病魔に冒されていたということになりかねない。

さて、大運を見ると、70代は「比肩」となる。健康面でガタがきやすい時期であった。
また年運も昨年は「比肩」、今年は「敗財」で最悪の状態であった。

よほど健康管理に気をつけて(ストレスをためないで)生活していかない限り、70代は生命的に危険な時期なのである。

祐碩(ゆうせき)先生

この記事を書いた先生

電話占いサンクチュアリ 占い師

祐碩(ゆうせき)先生

先の見えない未来相手の気持がわからない等の不安はございませんか?サンクチュアリは直接出向かなくてもプロの占い師にネット上から簡単に申し込める電話占い鑑定サービスです。いつも頑張っているあなたを応援し、その運命を明るく変えていくサポートをさせて頂きます。初回2000ポイントサービスしておりますのでお気軽にご相談下さいませ。

先生の最近の記事

全ての先生の最近の記事

初回2000ポイントプレゼント!会員登録はこちら
  • 手相鑑定
  • 今月のプレゼント
  • BIRTHDAY占い
  • 新月のおまじない
  • ログインポイント
  • 愛のメッセージ
  • 開運ブログ
  • 占い師募集
  • 澄華(すみか)先生インタビュー
  • メディア出演情報