愛と恋

Flower1-012われわれ日本人は“愛”と“恋”という言葉をそれぞれ別の意味で使いますし、当然のことのように思っていますが、海外では両者の区別がはっきりしていないのです。

“Love”は、ふつう「愛」と訳すことが多いですが、“first love”と言えば「初愛」ではなく「初恋」となり、“fall in love”と言えば「恋に落ちる」とか「恋する」になります。

誰が最初に言ったかは定かではありませんが、“愛”という字は「心」が中心にあるが、“恋”という字は「心」が下にある。つまり、“恋”は「下心」があると。なかなか的を射た表現だと思います。

人を好きになったとき、それが“愛”なのか“恋”なのかを冷静に見つめることも大切なのではないでしょうか。

見返りを求めたり、打算があったりするならば、決して“愛”とはいえないでしょう。“愛”には永遠性がありますが、“恋”には永遠性がありません。「下心」ですから、状況によってころころ変わってしまいます。

よく“復活愛”という言葉を耳にします。「復活」という言葉は「死」が前提になります。
死んだ状態から蘇生するので「復活」なのですが、先ほど述べましたように、愛は永遠ですから、心変わりしたり、冷めたり、死ぬことはありません。

相思相愛の関係であったにも関わらず、第三者によって愛を奪われてしまった。だからもう一度、その人から愛を取り戻したい、という人がいます。

そういう場合、わたしははっきり言います。「愛を奪われてしまったのではありません。二人にはもともと愛が無かったのです。本当の愛があれば二人の関係が絶対に壊れることはありません。二人は恋し合っていたのであって、愛し合っていたのではありません。恋は第三者に泥棒されることもありますが、愛は決して奪えません」と。

愛と思っていたのは錯覚で実は“恋”だったのです。だから、別れた人と「よりを戻したい」という場合は“復活恋”を願うということになるのです。

もちろん、あれこれ手を使えば、恋は復活することもあります。しかし、お互いが過去を反省し、“恋”から真実の“愛”へと昇華させていく努力をしない限り、また同じ轍を踏むことになるでしょう。つまり、「分かってほしい」から「分かってあげたい」、「尽くしてほしい」から「尽くしてあげたい」というように、受ける側から与える側に切り替えていかないと、長続きする関係は望めません。

「授受」という言葉があります。この熟語の通り、「授ける」ことが先で、その後「受ける」のです。英語で言う“Give and take”ではありません。“Give and receive”なのです。

もっと言えば、願わなくても与えられる世界なのです。与えて、尽くして、完全に投入し、「無我」になったところに、宇宙力が作用して、天が恵みを与えてくださるのです。

「情けは人の為ならず」という素晴らしい言葉があります。情けは人に掛ければ、必ず自分に返ってくるようになっているということです。

これが愛の法則です。「彼は私のことをどう想っているのでしょうか?」と相談される人がいらっしゃいます。

そういう場合、私は「彼の心を探ってどうするつもりですか?彼がどう想っているかではなく、あなたがどれだけ純粋に彼のことを想っているかですよ」とお答えすることがあります。

「彼に好かれたいと思うなら、まず自分の内面を素直に見つめ、霊性を高めるように努力してください」と。

『牽引の法則』というものがありますが、自身がしっかりした分、天運が作用し、霊界が協助し、思い通りに導かれるものです。恋愛を成功させたいと願うなら、日ごろから自己をよく見つめ、素直で、純粋で、謙虚で、素敵な自分を創る努力をしましょう。自分を好きになれない人に、素敵な恋はできないものです。

祐碩(ゆうせき)先生

この記事を書いた先生

電話占いサンクチュアリ 占い師

祐碩(ゆうせき)先生

先の見えない未来相手の気持がわからない等の不安はございませんか?サンクチュアリは直接出向かなくてもプロの占い師にネット上から簡単に申し込める電話占い鑑定サービスです。いつも頑張っているあなたを応援し、その運命を明るく変えていくサポートをさせて頂きます。初回2000ポイントサービスしておりますのでお気軽にご相談下さいませ。

先生の最近の記事

全ての先生の最近の記事

初回2000ポイントプレゼント!会員登録はこちら
  • 手相鑑定
  • 今月のプレゼント
  • BIRTHDAY占い
  • 新月のおまじない
  • ログインポイント
  • 愛のメッセージ
  • 開運ブログ
  • 占い師募集
  • 澄華(すみか)先生インタビュー
  • メディア出演情報