• 占い
  • 承世(しょうせい)先生
  • 3774

上村遼太くんの宿運について

上村遼太君の宿運について

 

彼の先祖には排除怨慕の背景があります。排除とは押しのけて取り除くという意味で怨慕とは親の無情を恨みながらもなお慕うという意味です。そういった暗示のある家系で、上村君の祖父母は所縁を何らかの理由で失敗し、そのまま独り者や、未亡人となって親子が離別して苦渋を強いられたか、再縁の場合は、初婚時に誕生した子供が同様の境涯を強いられたと見ます。配偶者の無理解や死別と、存在性がなかったという暗示があり、配偶者との縁が薄いことを示唆しています。

 

彼の運命に影響するものとは、祖父母の代での深刻な葛藤や、離婚あるいは死別が原因で子供を捨てた因縁が作用しています。すなわち、子供を捨てて再婚したり、あるいは養子に出たりして、その子供を泣かせた報いによるものです。このため現世ではその孫にあたるこの型の遼太君が泣かされることになりました。この型は困難のとても多い運勢です。

上村家は婦の系譜の代表的なもので、女系の二代目に当たり、脱系垂の時代にあって、苦しいながらも家をつないでいく宿命です。

 

排除された先祖霊の意趣返しを受けて、現世的に悔いが千年残るという魂になります。優柔不断がキーワードですが、どちらであっても愛情面では、親との間で泣く宿命といえます。

 

大局運としては、耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍んで生きる人生となります。後悔ばかりするとか、唖然、憮然とするようなことが次々起こり、その後の人生がハンディの多いものになります。それというのも”悔い千年“という現世魂のなせる業で、遼太君を取り巻く環境が、なぜか特別に無慈悲・無慈愛にできているようです。そのため、しばしば「自分はどうしてこんな目に遭わなければならないのか」と唖然、憮然とすることが多く、そのつど恾(ぼう)然(ぜん)自失の状態に陥ることでしょう。それでも何とか克服しようとしますが、そうした努力をあざ笑うかのように、困難は情け容赦なく次から次へと降りかかってくるといった感じです。あまり困難ばかり続くと「神も仏もない」という心情になるものです。困難は自らの努力によって克服できるものというのが一般的な教訓ですが、残念ながら彼の宿運にはそれが当てはまらないようです。持てる要素は、思索性が強く優柔不断型です。また彼は、父親との縁がありません。父、がしっかりしていないため、妻や弱いものを守る力が家庭にないのです。あるいは逆にしっかりしすぎて他の者を圧倒してしまうような存在になっているかです。彼が運を開くには幼児期からよく勉強して頭脳で勝負する道しかありません。それを避けたらこの宿運に沿う事になるでしょう。インテリ運があります。頭脳を駆使する分野の仕事が最適なのですが?。しかし、もし勉強を嫌う子になった場合は、人生の落伍者になるのは間違いないでしょう。幼児期に、家庭不和や経済的な困窮、病気などで道を踏み外すと、各事件、事故に巻き込まれやすくなり、ヤクザになってしまう人も目立のが彼の背景となっていたのですから。ちなみに、彼は記憶力が優れ、知性、理性を備えた頭脳の持ち主といえるものを持っていました。

 

家系譜には、曾祖父母代までは家柄が良く、女性で支えられてきた家であることを示唆しています。また、婿養子が入って継承されてきた家系とも見ますが、父が婿養子であった場合が理想的で、それが祖父母の実の子なら短命となる暗示があります。そうでない場合は、単身赴任で不在だったり、離婚したり、あるいは病弱というケースが考えられますが、いずれにしても家は母の手で支えられてきたと判断できます。第三子相、父か母から見た実質的な長男長女相です。

生命運は、不運に見舞われやすい運勢で、自分のせいではなくても、ケガや事故が多いタイプですので注意しないといけない運です。特に幼年期と晩年期は注意が必要です。統計的に見ると、体に障害残るか絶命するような、重大な事故に巻き込まれる注意すべき宿運になっていました。

単刀直入に言うと、この型は色情運であり淫乱運でもあります。従って、この型を持つ人の多くは、異性にあこがれ、関心がある人とみなされます。自らが抱えている運勢の神秘に翻弄されやすい傾向があります。一番問題となるのは、その性が他から抑圧されたり、スキャンダラスな顛末に終始しかねません。よって、この型の人はその点でいつでも注意しておく必要があります。なお、参考に、この型に総性型が付帯していると短命相にとなります。

それと親子断絶運があるので問題があっても親には事情を言いにくい内容を含んでいます。普通なら彼が巻き込まれた事件に巻き込まれる前に親に相談したら避けられたかもと思うのが普通でしょうが、この親子断絶因縁がそれを許さなかったのでしょう。

たぶんに彼の親が、子供が誕生すると溺愛するとか、刻苦勉励させるかのどちらかになりますが、溺愛も刻苦勉励もこの型がつかさどる宿命です。概して後者を選んだ人のほうが栄え、前者の方法をとった人は衰退と、だいたい相場は決まっています。この型で“栄える代”に入っている人なら満悦の境地となりますが、衰退の代に入っている人なら目も当てられない状態となります。

彼の場合は、衰退代になっています。

家系的に子供(ここでは遼太君にあたる)に肉体的・精神的な身障者が現れることもあります。縁が切れるというのは、文字通り子供が授からないと言うこともありますが、事件や事故の犠牲者になるということも含んでいます。概して彼の背景には、親の庇護がなく、独立独歩の人生を歩むようにできています。ご冥福をお祈りいたします。

サンクチュアリ鑑定士   承世

承世(しょうせい)先生

この記事を書いた先生

電話占いサンクチュアリ 占い師

承世(しょうせい)先生

先の見えない未来相手の気持がわからない等の不安はございませんか?サンクチュアリは直接出向かなくてもプロの占い師にネット上から簡単に申し込める電話占い鑑定サービスです。いつも頑張っているあなたを応援し、その運命を明るく変えていくサポートをさせて頂きます。初回2000ポイントサービスしておりますのでお気軽にご相談下さいませ。

先生の最近の記事

全ての先生の最近の記事

初回2000ポイントプレゼント!会員登録はこちら
  • 手相鑑定
  • 今月のプレゼント
  • BIRTHDAY占い
  • 新月のおまじない
  • ログインポイント
  • 愛のメッセージ
  • 開運ブログ
  • 占い師募集
  • 澄華(すみか)先生インタビュー
  • メディア出演情報