• 占い
  • 承世(しょうせい)先生
  • 1750

藤井 聡太四段の宿運について

藤井 聡太四段が歴代の連勝新記録をつくる

私、承世は藤井 聡太四段の話題について関心が大です。なぜなら私も将棋に関しては人一倍学生時代からいままで地元の将棋大会などにも出て三度優勝した経験があり、私自身がアマチュアの有段者だからです。当然ながら藤井 聡太四段がデビュー以来の事はいつも関心事であり、その後を見続けてきました。連勝記録には驚きと期待をするばかりです。一時、将棋人口も下がり気味でしたが、最近は彼の話題のおかげで子供たちの将棋への参加数も増えてきているようで将棋愛好家の私も喜ばしい限りです。

 

そこで彼の宿運を占ってみました。

藤井 聡太さんの運勢は母方の祖母と父方の祖父からの隔世遺伝で伝わった想いが強く影響を与えています。血系、血縁から白眼視・排斥された先祖の影響があって、それをくつ返す意向の魂で生き、したがって世間から脚光を浴びるカリスマ性を持った人気スター願望でいきます。また、無視された霊が潔癖性を生み、世の中の悪や不正に対して是正を迫り、何事にも本音で対応します。概して自己保身に傾き、一般的に研ぎ澄まされた感性を持ち、直感力や第6感、霊感に優れ、物事の本質を鋭く見抜くという性格が形成されています。

打てば響く鋭い感性の持ち主で、自らのチャンスをものにして行く運をもっているため、今回の連勝のチャンスもものの見事につかまれた出来事と思えます。筋道を立て、じっくり時間をかけて判断するというより、直感に頼って判断するところがあり将棋の早指しなどには向いていると思います。ます。天真爛漫(てんしんらんまん)ながら、小さいときからしっかりしていて、自分のことは自分でするタイプです。しかし、スタートは電光石化型で誰よりも早く飛び出します。他人が十時間かかって覚えるところを一時間で覚えたり、難解な問題をひらめきだけで解決するような能力もあります。物事への反応は早いのですが、喜怒哀楽も激しく、今泣いたかと思えば次の瞬間には笑っている、というようなことも珍しくありません。いつでも瞬間的、直感直情的に反応し、日本人に良くありがちな「建前論」がないのです。したがって、あまりにも物事をはっきりといいすぎて、相手の肝を冷やすこともありますが、それでも別に悪びれることもなく平気でいます。悪意や、相手を陥れようとする魂胆は毛の先ほどもないからです。また、基本的に潔癖性の性格です。敏にしてチャンスに強いところはいい面ですが、気分には実はむらがおありのようで、持久力、耐久力の乏しさを今後も精進して行けば大成できる方です。

この宿運の背景にあるものは保身性、つまり生存競争から脱落しないように自分の地位や名誉を守る(タイトルホルダーになればそういう運命が待ち受けています。)ところにあります。それは単に守るというだけでなく、自分の希望が叶うように、また快適な人生が送れるようにと願う積極さからきています。本音で生き、建前論もあいまいなポーズをとることもありません。それでいて直感的にはマクロで捉え、対人関係はミクロ的に、それも潜在している霊まで直感で見抜くようなところもあります。

非常に優れた金銭感覚を持つことと、持ち前の感性やセンスの良さがあるため、仕事運そのものには何も問題ありません。多くの人の上に立つような仕事よりも、個人で活躍できる、もしくは、センスを生かせる職種に進むといいでしょう。……という適職運の彼なので、そういう面から観ると、個人での職の将棋士は向いているように思えます。また、一匹狼的な性格でもあり、感情を素直に出しすぎるので、組織の中や対人関係の面で、トラブルを起こすことは避けることで良運な人生をつかめるでしょう。

盤上では結果を予測してより良い状態を模索するという傾向があります。普段の人生もより効果的に生きようと意図し、それを現実化しようと努力される性格です。このような考えが始動するのは、年齢的に見ておおむね27歳頃からで、いわば社会的に独り立ちし、第二の人生を踏み出す時期といえます。たいていこの頃から強化策をとるようになり、予定や計画を次から次へとクリアーしていくようになります。自分にとって不都合なことや不可能と思われることは、あっさりと切り捨てて、得意なことや意向に叶ったものだけに専念したがるようにもなります。それから、彼の先祖が温存していた遺伝子のままに結果が導かれるという徳運が27歳からやってきます。このころには既に名人位や、王将、棋聖、などの数々のタイトル位になっておられるかも。

彼は、先祖が温存してきた徳を父母代が一身に集めて脚光を浴び、その恩恵を受けて生育したことを物語っています。彼の代が初代で、先祖が蓄えた徳の直接的な受領者となるので、文字通りこの徳運に導かれて生きることになります。この運は俗にいう“ツキ運”のことで、補佐し、不足や不完全なものを補うようになっています。彼のインタビューで運が良かったと言う言葉をたびたび聞きました。先祖の徳を忘れずに周りの感謝を忘れなければ、彼の運勢はこれからも引き続き今後も発展していくことでしょう。またそれを期待しています。将棋愛好家の承世も応援しています。

 

サンクチュアリ鑑定士 承世

承世(しょうせい)先生

この記事を書いた先生

電話占いサンクチュアリ 占い師

承世(しょうせい)先生

先の見えない未来相手の気持がわからない等の不安はございませんか?サンクチュアリは直接出向かなくてもプロの占い師にネット上から簡単に申し込める電話占い鑑定サービスです。いつも頑張っているあなたを応援し、その運命を明るく変えていくサポートをさせて頂きます。初回2000ポイントサービスしておりますのでお気軽にご相談下さいませ。

先生の最近の記事

全ての先生の最近の記事

初回2000ポイントプレゼント!会員登録はこちら
  • 手相鑑定
  • 今月のプレゼント
  • BIRTHDAY占い
  • 新月のおまじない
  • ログインポイント
  • 愛のメッセージ
  • 開運ブログ
  • 占い師募集
  • 澄華(すみか)先生インタビュー
  • メディア出演情報