• 占い
  • 承世(しょうせい)先生
  • 2441

中一殺害の山田浩二様の宿運

中一殺害事件の山田浩二様の宿運

 

最近ニュース番組で騒がれている山田浩二様の宿運を観て見ますと、彼は知性的面ではかなりの頭脳を持っておられ、幼い時の勉強などは頑張れば優秀な成績を出していたと思われます。ですが、問題は(彼が仮に既婚歴があったとすれば、配偶者がしっかりしておらず)彼の父親が家庭を保持する力が足りないようです。さらに、彼の家庭からは敵視されるような扱いを受けていて、かなり愛情面では厳しい環境の中で生きてこられたと推測します。

もし仮に彼が既婚歴者であれば、配偶者の家庭からも良く見られない人生となったはずです。どちらにしても彼の人生を事件に走らせた背景には、家庭環境での愛情の苦労があります。

なぜ彼はそういう運命をたどるのかというと、家系の因縁で愛情面で苦痛を受け苦労した因果を清算しないといけないのを遺伝的に受け継いでおられるからです。

それから彼の性格を作り上げた原因の情緒性を鑑定すると、父方の祖父で子供に対しての扶養義務の不足があります。その祖父の因縁により彼自身の意向や、思いがままならず、次から次とやってくる苦しい出来事に苦渋を感じる試練に泣かなければならない宿運となったのです。

 

彼の家系は、知性と女系と家庭不和と忍耐が宿命付けられています。その家庭環境のなかで形成された性格が、狡猾さと何か欲しいと思ったことに対してそれを叶えようとする心は執念が伴います。

 

本来は彼は婿養子型で、恐妻と浮気が宿命となっています。

 

山田浩二氏の母方に人格を否定された祖母霊がおられ、配偶者を尻に敷き、嫁をいびった人生を生きておられます。権利主張は強く、わがままで常識を逸脱するような真理に反する誤った歩みをなさったようです。それを原因として山田浩二氏の家では、財や愛情を受けるものがなく、長子は離脱し家系をまとめる統括力がないのです。

 

彼の家には先祖の代で、長男長女を捨ておき、次男次女を立てて家系を継がせたことが今までの人生の原因としてあります。そのことのために彼の代になって、長男長女が立たず次男次女が家を継ぐ宿運となったのです。ですからたとえ彼が家を継承してもあまり良い人生とはならず、かえって他家に入ったほうが良い人生になる婿養子の宿命の人と言えます。

きまって彼の代から家は斜陽化、前代までの面影が薄れるという結果となります。そもそも執着、激情、愚痴といった、心の深層に累積した精神状態を解消したいという願望が背景に潜んでいて、それが原因で不幸な結果を招くのです。

 

因縁に男性支配があって、この代は女系化が迫られていると観ます。彼の持つ因縁とは、ずばり“逆縁”です。逆縁というのは、たとえば子供が親よりも先に死ぬといった不幸なことを意味します。逆縁になるケースは女子よりも男子が圧倒的に多く、したがって、男子継承がままならないということです。逆縁運があると、女性ばかりの子供となるなど、女系家族になることが多いのです。

夫が家を留守にする機会が増えれば、当然、妻のストレスもたまってきます。それも留守の大半が酒や女が原因となれば、結果はおのずと見えています。たまに夫婦が顔を合わせると愚痴をこぼし合い、いつも険悪なムードの漂う家庭になってしまいます。こうした夫婦不仲の家庭に彼は生れたと思われます。

 

彼は意向が自分の思惑とは違う方向に押し流される人生の持ち主です。人間、誰しも最初から不幸を目的としたり指標としたりする人はいませんが、これで良しと思って踏み切ったことが裏目にでることは間々あります。彼の人生は言葉で表現すれば「流転豹変運」といえます。流転とは限りなく移り変わること、また豹変とは態度や意見ががらりと変わることをいいます。凶と出ると、目も当てられない結果を招きやすいので注意が必要です。

 

結論

もともと彼のセックスエネルギーは、多分に隠蔽(いんぺい)されたものであるために、表には出ない隠れた潜在性を演出することになります。それも、本能が介在して「そのようにあるべき」と誘導する傾向が強いのです。したがって、これらのことから鑑て、彼は表面が穏やかでも芯の強さは人一倍という人物です。つまりは、自我を通す頑固な人ということです。そのために宿運で、病気傾向は急性肺炎や心不全、また脳梗塞となりやすく、さらには「燃えやすい」性格と見られ、放火、殺人、一家焼死という現象が目立ちます。知能犯(誘拐・誘惑)、焼死、(祖母・母・子供)、また未熟児、身障者出産などが出る可能性があるのです。

さらにこれに執念怨念運が重なって出ますので、この因縁が追い討ちをかけたといえます。執念とは心に深く思い込んであきらめようとしないこと、また怨念とは恨みを含んだ思いのことを言います。性格が消極化したり、いじけたり、または陰湿化していつも思いが晴れない状態と解釈されます。したがって、その執拗さがいつかは思いを遂げようという気持ちを持続させ、さらに願望増幅となってそのことにこだわり続けるので、時には怨念と化します。いうなれば「江戸の敵を長崎で討つ」というタイプで、その場その時で解決するといった処置をせず、時間をある程度置いて希望を遂げたり、思いを晴らすということになります。これを一言で言うと、鬱積(うっせき)解消です。

したがって、ターゲットが多く、遂行力とあいまって一層強力なものになります。彼と似た因縁の過去例を取り上げてみると、恨みに骨髄に達して妻に灯油をかけライターで火をつけた事件や、憎さ百倍で遺体をコンクリート詰めにした事件などがありました。

 

サンクチュアリ鑑定士  承世

承世(しょうせい)先生

この記事を書いた先生

電話占いサンクチュアリ 占い師

承世(しょうせい)先生

先の見えない未来相手の気持がわからない等の不安はございませんか?サンクチュアリは直接出向かなくてもプロの占い師にネット上から簡単に申し込める電話占い鑑定サービスです。いつも頑張っているあなたを応援し、その運命を明るく変えていくサポートをさせて頂きます。初回2000ポイントサービスしておりますのでお気軽にご相談下さいませ。

先生の最近の記事

全ての先生の最近の記事

初回2000ポイントプレゼント!会員登録はこちら
  • 手相鑑定
  • 今月のプレゼント
  • BIRTHDAY占い
  • 新月のおまじない
  • ログインポイント
  • 愛のメッセージ
  • 開運ブログ
  • 占い師募集
  • 澄華(すみか)先生インタビュー
  • メディア出演情報