• 占い
  • 承世(しょうせい)先生
  • 9772

羽生結弦氏の宿運について

羽生結弦氏の宿運

祥博先生に刺激されて普段あまり人の運を勝手に見ることはしていませんが、

一ファンとして彼の運を占って観たくなり、宿運を出してみました。

  • 羽生家の先祖

彼の祖父母は所縁を何らかの理由で失敗し、そのまま独り者や、未亡人となって親子が離別して苦渋を強いられたか、再縁の場合は、初婚時に誕生した子供が同様の境涯を強いられたと見ます。具体的には、配偶者が死別、配偶者との縁が薄いことを示唆しています。

 

彼の生命から分かるのは、祖父母の代での深刻な葛藤や、離婚あるいは死別が原因で子供を捨てた因縁が原因しています。すなわち、子供を捨てて再婚したり、あるいは養子に出たりして、その子供を泣かせた報いによるものです。このため現世ではその孫にあたるこの型の人が泣かされることになります。困難の多い運勢はここから来ています。

「家系」

婦の系譜の代表的なもので、女系の二代目に当たります。脱系垂の時代にあって、苦しいながらも家をつないでいくのが彼の宿命です。

 

●現世魂

排除された霊の意趣返しを受けて、現世的に悔いが千年残るという魂になります。猪突猛進する行動性、愛情面では、親や配偶者、子供、そのいずれかで泣く宿命といえます。

●大局運

耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍んで生きる人生となります。後悔ばかりするとか、唖然、憮然とするようなことが次々起こり、その後の人生がハンディの多いものになります。それというのも”悔い千年“という現世魂のなせる業で、この型の人を取り巻く環境が、なぜか特別に無慈悲・無慈愛にできているようです。そのため、しばしば「自分はどうしてこんな目に遭わなければならないのか」と唖然、憮然とすることが多く、そのつど恾(ぼう)然(ぜん)自失の状態に陥ることでしょう。中国大会での事故もその一部です。それでも何とか克服しようとしますが、そうした努力をあざ笑うかのように、困難は情け容赦なく次から次へと降りかかってくるといった感じです。あまり困難ばかり続くと「神も仏もない」という心情になるものですが、そういう時は、先祖から排除怨慕霊の因縁と悟ってあきらめるしかありません。困難は自らの努力によって克服できるものというのが一般的な教訓ですが、残念ながらこの型の人にはそれが当てはまらないようです。持てる彼の要素は、果敢な行動力を備えていますが、こと愛情面ではどういうわけか苦渋を強いられ自分の責任でないことで泣かされます。辛抱強さに定評があっても、それは受身的に辛抱させられるといったものです。またこの型の人は、父親との縁や彼が将来結婚した時の夫婦の縁が薄いようです。父、夫または妻がしっかりしていないため、弱いものを守る力が家庭では弱い傾向にあります。あるいは逆にしっかりしすぎて他の者を圧倒してしまうような存在になってしまいます。配偶者との間にもトラブルが絶えないか、子供で苦労します。さらに悪いことに、仕事や社会的に樹立した偉業を残す星を持っていますがそのレベルに比べると、私生活は痛々しいほど悲惨です。この型なら誰でも過酷な試練を経験し、関門を突破した人ならば、歴史に名を残し、後世に偉人として崇められることになります。こうなると、「艱難、汝を玉にす」という良い結果といえます。しかし、これを聞いて安堵する人がいるかもしれませんが、その数はごく少ないということを知っておくべきです。この型の人は幼児期からよく勉強して頭脳で勝負するしかありません。人間関係の苦労が多いため、芸術や学問の世界に入り込んで生きるようになるのも、この型の特徴です。一流大学のOBに多く見られることからも判るように、インテリ運もあります。頭脳を駆使する分野の仕事なども向いています。しかし、勉強を嫌う子であった場合は、人生の落伍者になるのは間違いないでしょう。幼児期に、家庭不和や経済的な困窮、病気などで道を踏み外すと、各事件、事故に巻き込まれやすくなります。ちなみに、彼は体験・実践的な面が強く、知性、理性を備えた頭脳の持ち主といえます。

  • 家系出生相

曾祖父母代までは家柄が良く、女性で支えられてきた家であることを示唆しています。また、婿養子が入って継承されてきた家系とも見ますが、父が婿養子であった場合が理想的で、それが祖父母の実の子なら短命となる暗示があります。そうでない場合は、単身あちらこちらと動く運であり、不在だったり、離婚したり、あるいは病弱という面も持つケースが考えられますが、いずれにしても家は母の手で支えられてきたと判断できます。出生順位相は、横スライドなら第三子相、上下スライドなら末子相ですが、いずれも父か母から見た実質的な長男長女相です。

  • 結婚・恋愛
  • 不運な運命は結婚においても同様で、夫婦の縁が薄く、トラブルの絶えない運命だと覚悟しなければいけません。また、優柔不断で煮え切らないところがあり、配偶者や恋人にイライラさせることが多いので注意しましょう。
  • 仕事努力を積み重ねては社会的に大成をしても、私生活はあまり恵まれない運勢で、自分のためというよりは、自分以外の家族や、他人のためにお金を遣わされる傾向にあります。

 

  • 健康
  • 不運に見舞われやすい運勢で、自分のせいではなくても、ケガや事故が多いタイプですので注意しましょう。特に青年期と晩年期は注意が必要です。統計的に見ると、体に障害残るような、重大な事故に巻き込まれる人が多いので競技でのケガに注意すべきです。
  • アドバイス 人生の前半にツキ運ありこの型は祖父母と父母の二代の善徳が功を奏して導かれ、人生の前半にツキを呼ぶ吉祥運です。また、 “目的を達成する行動”ということになり、何やら成功を予感させます。事実、これは「漁夫の利」ともいうべき行動運を備えたツキ運があり、人生の前半(27歳くらいまで)が輝かしいものになります。例えば、宝くじに当たったり、高校や大学あるいは就職試験などで難関を突破したり、さらには離婚の危機にあった父母のよりが戻ったり、交通事故に遭遇しながらも奇跡的に助かったというようなことまで、とにかくラッキーなことが体験できる運と言えます。しかもそれは「事実は小説より奇なり」を地で行くような、とかく実力以上の成果をものにすることができるところが特徴といえます。しかし、比較的人生の早い時期に、全てが自分の思惑どおりにいくことから、どうしても性格的にわがままになったり、怠け者になりやすく、物事を自分で深刻に考えたり、われを忘れて頑張るということをしなくなります。これでは人生の後半に不安が残ります。確かにスタートダッシュはいいのですが、「ウサギと亀」のウサギに似て、27歳くらいになると前半の快進撃がウソのようにパタッと絶えてしまうことになります。それからというものは多難期を迎えて、やることなすことが全てチグハグになる運命です。人間誰しも、今日よりは明日、現在よりも未来へと前進したり向上したりすることを「吉」としますが、少しでも後退したり、前進が阻(はば)まれたりすると、過去にいくら良いことがあっても何の慰めにもならず、不平不満を言いたがるものです。したがって、この型がある人は、そのツキ運があるうちに確かな実力を養って、より堅実な歩みを続けられるように心がけるべきです。もし、それが実行できるのなら27歳以降の人生もそんなに落胆することはありません。この型のツキ運は人生の前半で、それまでにある程度は身を立てることもできますが、ツキ運の去った後、ちょうど結婚や就職の時期が心配です。年齢的には21歳、24歳、の時にラッキーなことがあり、27,30,33,36,39歳のいずれかで離婚や転職失業ということになりかねませんので、どうぞ慎重に対応されるようにしてください。
  • 結婚不適格運
  • 彼は先祖の因縁がそのまま結果に反映する宿命を持つことから、「遺徳運」を持ちます。人格形成は、先祖からの遺伝子によって決まり、人格どおりに全人生運が誘導されるという構成となっています。また、先祖運はその種族により良い感性や本能を伝えるという意味があるため、感性・本能運と呼ぶこともあり、物事を選択・決定するさいの重要な役割を果たしています。彼の場合は、好き嫌いの感情が激しく、鋭い選択眼で答えを出したがるところがあります。つまり、この要素こそがこの型の運勢を決定づけるといってよく、本人が気づかないまま自分勝手なことができるところから、別名「生涯の先徳運」と呼ばれています。しかし、勝手気ままな人生を送ると、いつかはだめになる時が来るものです。祖父母代もしくは父母代に初代があって、家業を持ち、家を興隆させていますので、当然その子は生まれながらにして勝手気ままができる環境条件が揃っているというわけです。そうした結果は、本人の40歳代、後半か50歳頃から崩れて、子供の代には往時を偲ぶ面影もないほどに叩きのめされます。本質的な意味合いは、実質的に長男長女として生まれ、先祖から大いに期待されて誕生した経緯があります。いずれにしても、誕生時、将来が嘱望されていながら先祖が残した徳の量が多いか少ないかで健康、愛情、経済性などの優勢、劣勢が出るものです。ただ言えることは、彼に対して人生の指針が先祖の加護によって導かれるという利点があるということです。一般に、ツキをよいことに思いのままに生きると、その分、結果は高いツケを払わされて泣くことになるので、よく考えて行動したほうがいいでしょう。 彼のルーツは、父母が造反し、互いに心のよりどころを失った不安な状態が原因していると見られます。よって、彼は、我が子孫に安堵した境涯を授けようとする祖父母の霊を受けて、懸命にふさわしい配偶者を探そうとして、複数の異性関係が生じると見られます。三角関係とは今さら説明するまでもなく、それが未婚時なら、彼氏もしくは彼女がいながら、もう一人別の彼氏もしくは彼女と付き合っている状態を示します。第三者から見ればなんとも煮えきらない人たちに映りますが、当人にしてみればまじめで、どちらをとろうと真剣に悩んでいるはずです。 執念とは心に深く思い込んであきらめようとしないこと、また怨念とは恨みを含んだ思いのことを言います。性格が消極化したり、いじけたり、または陰湿化していつも思いが晴れない状態と解釈されます。したがって、その執拗(しつよう)さがいつかは思いを遂げようという気持ちを持続させ、さらに願望増幅となってそのことにこだわり続けるので、時には怨念と化します。いうなれば「江戸の敵を長崎で討つ」というタイプで、その場その時で解決するといった処置をせず、時間をある程度置いて希望を遂げたり、思いを晴らすということになります。これを一言で言うと、「鬱積(うっせき)解消タイプ」ということになります。したがって、このような要素があればこそ、良くすると踏ん張りが利く頑張り屋さんとなりますが、悪くすると見るも無残な結果を招くことになります。
  • 執念怨念運
  • 父母が夫婦関係を続けることが困難なほど愛情が冷えた状況でも、お互いに陰忍自重して生涯を全うしたいという思惑にあり、それを受けて継続という形をとる宿命を背負っています。
  • 三角関係運
  • 彼のルーツは、父母が造反し、互いに心のよりどころを失った不安な状態が原因していると見られます。よって、彼は、我が子孫に安堵した境涯を授けようとする祖父母の霊を受けて、懸命にふさわしい配偶者を探そうとして、複数の異性関係が生じると見られます。三角関係とは今さら説明するまでもなく、それが未婚時なら、彼氏もしくは彼女がいながら、もう一人別の彼氏もしくは彼女と付き合っている状態を示します。第三者から見ればなんとも煮えきらない人たちに映りますが、当人にしてみればまじめで、どちらをとろうと真剣に悩んでいるはずです。
  • 父母が夫婦関係を続けることが困難なほど愛情が冷えた状況でも、お互いに陰忍自重して生涯を全うしたいという思惑にあり、それを受けて継続という形をとる宿命を背負っています。
  • 遺徳運・奇跡運
  • 一言で言うと「私の結婚は失敗だった」と悔恨(かいこん)している運があります。この型を持つ人には実際離婚したり、別居したり、また配偶者を失っているケースが多いことから[結婚不適格運]と言います。また、肉体的に早熟な人が多く、思春期を過ぎる頃から、異性の性器(ホルモン作用の神秘性)に限りない羨望と憧憬を注ぎ、やがては異性なくしては[夜も明けぬ]と言った状態に陥る人が多く、未婚、既婚を問わず、異性が多く出入りする社交場などを好む人が多いようです。この型を持つ男女は、猥談(わいだん)などを自ら進んで口にしないという傾向があります。それは「臑(すね)に傷を持つ」のたとえどおりだからです。いずれにしても潜在するセックスエネルギーは豊富すぎて、最終的には、膀胱、尿道、前立腺、下腹部の疾患が心配です、そのほか糖尿病などにも気をつけましょう。性格、および行動面では、多分にインパクトの強い言動に走りがちで、俗に言う頑固一徹型といえます。単刀直入に言うと、この型は色情難運であります。従って、この型を持つ人の多くは、異性にあこがれ、関心がある人とみなされます。自らが抱えている運勢の神秘に翻弄されやすい傾向があります。一番問題となるのは、その性が他から抑圧されたり、スキャンダラスな顛末に終始しかねません。よって、この型の人はその点でいつでも注意しておく必要があります。
  •  不運が多いのは運命なので、自分の運命を認識して行動することが大切です。どんな困難も乗り越えれば自分の知識や経験となって役立つはずです。一生勉強するつもりで、何事も頑張りましょう。また、何かと他人のせいで降りかかる不幸も多いのですが、相手を攻めるばかりではよい運勢は開かれません。相手に優しく接することが出来れば、さらなる困難に直面した時に、きっと周りの人が助けてくれるはずです。

サンクチュアリ鑑定士   承世

 

承世(しょうせい)先生

この記事を書いた先生

電話占いサンクチュアリ 占い師

承世(しょうせい)先生

先の見えない未来相手の気持がわからない等の不安はございませんか?サンクチュアリは直接出向かなくてもプロの占い師にネット上から簡単に申し込める電話占い鑑定サービスです。いつも頑張っているあなたを応援し、その運命を明るく変えていくサポートをさせて頂きます。初回2000ポイントサービスしておりますのでお気軽にご相談下さいませ。

先生の最近の記事

全ての先生の最近の記事

初回2000ポイントプレゼント!会員登録はこちら
  • 手相鑑定
  • 今月のプレゼント
  • BIRTHDAY占い
  • 新月のおまじない
  • ログインポイント
  • 愛のメッセージ
  • 開運ブログ
  • 占い師募集
  • 澄華(すみか)先生インタビュー
  • メディア出演情報